→開催中の展覧会

→これまでの展覧会

→年間スケジュール




















《(婦人像)》 1969年頃
洋画家・宮本三郎(1905-1974) は生涯に二度渡欧し、西洋絵画の歴史や伝統を学びました。1939年の初めてのパリでは、ルーブル美術館で名画を鑑賞し、模写をするなどして、西洋絵画の真髄に触れ、マチスやピカソなどの20世紀初頭の前衛絵画の影響を受けながら、帰国後、独自の写実絵画の可能性を模索しました。

 宮本三郎が特に多大な影響を受けたのは、マチスの奥行きを拒否した裸婦と室内の壁紙文様が一体化した装飾的な絵画でした。宮本の裸婦もシーツの文様と浴衣を着た裸婦が一体化しています。陰影をなくしたため、裸婦の重さが消失し、まるで裸婦が画面から転げ落ちて来そうな不思議な絵画が誕生します。以後、宮本の女性像の探求は画業の中心となり、留まるところを知りません。

 着衣のポートレート、ベッドに横たわる裸婦像、椅子に腰かける女性座像、鏡の前の裸婦立像、着衣の全身像など、様々な構図の作品が次々と生まれます。

 モデルの女性の髪形や顔の表情、肌の色、衣装の素材や柄、クッションの小道具なども微妙なタッチで描き分け、室内の背景や床面についても様々な色や柄を試み、無地や装飾的な文様を組み合わせ、女性像を千変万化させます。

 一方、もう一つのテーマである花も初期から晩年に至るまで様々な画風で描いています。最初は、フォーヴィスムの画家、ドラン風の太いタッチで描く花瓶に挿した花の絵です。次に登場するのは、18世紀フランスの画家シャルダンを彷彿させる静物画で、観るものに詩情を感じさせます。そして、晩年になると、原色の赤や緑、青を多用した強烈な色遣いと荒々しいタッチで、宮本独自の花の静物画が生まれます。

 宮本三郎が生涯を通じて追求したテーマである“花々と、女たち”は、いずれも儚い命の光り輝く瞬間を捉えており、生命への讃歌が謳われています。花と女性をモチーフとした今回の展示で、宮本三郎の絵画に込めた思いを感じて頂ければ幸いです。




《花と女》 1932年

《画室の裸婦》 1954年




《かいう》 1968年頃




《(静物 壷 花 コップ)》 1961年頃

*( )は題不詳につき仮題    




           「宮本三郎 花々と、女たちと Women and Flowers」

           □会期      2019(平成31)年4月2日(火)〜10月6日(日)
           □開館時間   10:00〜18:00 最終入館は17:30まで
           □休館日     毎週月曜日(ただし、祝・休日と重なった場合は開館、翌日は休館=
                      5月7日(火)、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
                     *4月23日(火)から5月6日(月・振替休日)までは開館します。
           □観覧料     一般200円(160円)、大高生150円(120円)、65歳以上/中小生100円(80円)
                     *障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・高・大学生の障害者は無料
                       介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。証明書をご提示のうえ、お申し出ください
                     *( )内は20名以上の団体料金
                     *小・中学生は土、日、祝・休日、夏休み期間は無料

           ※会期中、一部作品の展示替えを行います
            前期:4月2日(火)〜6月30日(日) / 後期:7月2日(火)〜10月6日(日)

           □担当学芸員によるギャラリートーク
           @6月8日(土)11:00〜 A7月13日(土)11:00〜
            いずれも20分程度、参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要

           そのほか展覧会関連講座はイベント/ワークショップをご覧ください






(C) SETAGAYA ART MUSEUM All Rights Reserved.
当館ホームページ内に掲載されている全ての画像・テキストの無断転用・転載をお断りします