→開催中の展覧会

→これまでの展覧会

→年間スケジュール




















人間の身体をいかに表すか―美術の表現において、もっとも普遍的かつ根本的といえるこのテーマは、ことに西洋の美術が歩んだ歴史をひもとくとき、それぞれの時代を特色づける要となります。

 生涯を通じて人物を主題の中心に据えた洋画家・宮本三郎(1905-1974)は、二度の滞欧期を経て、西洋の古典および同時代の美術を熱心に学びました。その実践として、生来の素描力を土台としつつ、さまざまな表現手法を駆使し、多様な画風を展開していきます。一貫して描き続けた女性像もまた、艶かしさを湛えたふくよかな姿態にはじまり、研鑽を重ねてきた写実表現を離れて抽象的な表現による創造を試みたもの、鍛え上げられた肉体にその職業的個性を表出させたかのようなバレリーナの像など、次々とめまぐるしいまでに、その表情を変えていきます。

 本展は、宮本三郎が描いた「身体」に注目し、初期から晩年までの油彩・素描作品を通して、その豊かで生気に溢れた表現の変遷を辿るものです。モデルを前にデッサンを重ね、幾多の試行を重ねた宮本三郎の、真摯に対象と向き合うことで生み出された魅力あふれる作品の数々をお楽しみください。



《家族像》1956年

《青い敷物》1935年

《裸婦》1962年
   
    《裸婦A》1962年
         
          《黒鳥》1963年

《生》1974年
                   宮本三郎の描く身体 THE BODY in Saburo MIyamoto’s Art

                   □会  期 2017(平成29)年4月1日(土)〜7月23日(日)
                   □休 館 日 毎週月曜日 ただし、7月17日(月・祝)は開館、7月18日(火)は休館
                   □開館時間 10:00〜18:00 入館は17:30まで
                   □観 覧 料 一般200円(160円)、大高生150円(120円)、65歳以上、中小生100円(80円)
                           障がい者100円(80円) ただし、小中高大学生の障がい者は無料
                           ※介助者(当該障がい者1名につき1名)は無料
                           ※( )内は20名以上の団体料金
                           ※小中学生は土日、祝休日、夏休み期間は無料




(C) SETAGAYA ART MUSEUM All Rights Reserved.
当館ホームページ内に掲載されている全ての画像・テキストの無断転用・転載をお断りします